故人の大切な思い出の品の遺品整理をして大事に保管する

遺品を整理している女性

主な流れ

遺品整理を遺族で行なうのが難しいという人がいます。そういった人は葬儀社などに依頼をしましょう。依頼から実際に整理を行ってもらうまでの流れを簡単に紹介していきます。

Read more

見積もり

遺品整理では、梱包するときの作業費や人件費、清掃代金など規模などによって様々な費用がかかってきます。故人のものであればどのくらいかかるのかをまずは見積もりしてもらいましょう。無料で行っているところがあります。

Read more

悲しい時でも

身近な人が亡くなるということは、とても悲しく辛いことです。
特に自分の両親や家族であれば、とても辛いでしょう。
ですが、生きている自分たちがしっかりと前を向いて歩いていかなければなりません。
いつまでも、故人が亡くなった悲しみを引きずるわけにはいきません。
家族などが亡くなったとき、お葬式なども重要ですが、今まで故人が愛用していたものや思い出の品を、片付けたり整理したりする必要があります。
それを、遺品整理といいます。
他にも遺品処理や遺品処分、遺品回収という言い方もあります。
遺品といっても、小さなものから不動産など大きなものまであります。
故人が生前持っていたもの、使っていたものを指します。

遺品整理は、思い出の品や使っていたものを分けるだけではありません。
遺族で、それらを分け合うこともあり、それを形見分けといいます。
またアパートやマンションなど、賃貸であれば、亡くなった後早く部屋を明け渡す必要があります。
なので、形見分けを含め遺品整理は早めに行わなければなりません。
故人の日記や手帳、預金通帳などは、亡くなってから2年ほど何かしら必要になるものなので、処分せずにしっかりと保管が必要です。
お葬式や葬儀があって大変だったり、故人が亡くなって間もないのに遺品を整理したりするのは大変です。
自分では遺品整理が難しいという人は、葬儀社に依頼することも出来ます。
高齢化が進んでいるため、自分で遺品整理を行なうのが難しいという人も、依頼して遺品整理を行ってもらう事が出来ます。

いま、核家族化や高齢化してきていて、孤独死の数も年々増加しています。
そういった背景もあり、遺品整理を葬儀社がになっているケースが増えてきています。
以前よりも需要が増えているため、遺品を整理する業者が特殊ではなくなってきています。
一人暮らしの高齢者が、生きている間に葬式の内容とともに、遺品整理に関する見積もりや依頼を行なうことも少なくありません。
どんな形や流れであれ、亡くなった故人の遺品というのは、大切に扱わなければなりません。
葬儀社や専門の業者も全国に多数存在するので、遠方で遺品整理が難しい人などは依頼をして行いましょう。

相場や価格

遺品整理の際、部屋の広さや作業内容によって金額が異なってきます。業者によってはサイトなどで金額を明記しているところもあります。いくつかの業者を比較して、相場や価格がどの程度かかるのかを把握しましょう。

Read more

しっかりと選ぶ

葬儀社を含め、様々な専門の業者がいます。故人の遺品整理を依頼するので、遺族の気持ちに寄り添ってくれるようなところを選びましょう。悲しい時だからこそ、大切な遺族のものだからこそ、しっかりと見極めて業者は依頼をしましょう。

Read more