故人の大切な思い出の品の遺品整理をして大事に保管する

見積もり

たとえば引越しをする場合、事前にどれくらいの費用がかかるのか、荷物の数などを計算して見積りを出します。不要品回収の場合にもこういった見積り作業は行われます。これと同じく、遺品整理を業者に代行してもらう場合も、事前に見積りを出してもらいます。
見積りをとる場合、おおまかに処分したいものの種類や数などを業者に伝えます。近年はインターネットでの依頼も増えていて、専用のフォームに種類や個数を入力するだけで計算してくれるものもあります。ここで正確なデータを提供できれば最終的な支払いとの誤差は少なくなりますが、詳しくわからないという場合は大雑把な入力でも構いません。ただし、この見積り段階の荷物の量に応じて作業員の数が決定されるので、明らかに適当な入力をするのだけはやめておきましょう。当然ながら、この作業員の人数も料金に関わってきます。

見積りは前述のとおり、依頼主の自己申告によって行われることもありますが、実際に作業員が現場に赴いて調査を行うこともあります。当然、こちらのほうが正確な数字を出すことができます。また、このときに処分するもの・しないものについて相談をすることもできます。遺品整理について不安がある人は、こういった訪問見積もりを行っている遺品整理業者に依頼するといいでしょう。
遺品整理の場合、現在は見積りを無料で行っている業者が多いですが、本格的な見積りを取る場合には有料となることもあります。この辺りは、依頼する前に確認しておきましょう。