故人の大切な思い出の品の遺品整理をして大事に保管する

主な流れ

遺品整理では故人の残した品を整理しますが、不慣れな人では何を残して何を処分するべきかわからないということもあります。そういった場合、葬儀社や遺品整理の業者に依頼して、遺品整理を代行してもらうこともできます。ここではまず、遺品整理を代行してもらう場合の手順についてご紹介しましょう。

遺品整理を代行してもらう場合、まずは葬儀社や業者に連絡します。連絡をする時期については、葬儀社の場合は葬儀の打ち合わせのときに、業者に関しては実際に利用する前で構いません。あとになって葬儀社に依頼したくなった場合は、葬儀社に相談してみましょう。このとき、おおまかな見積りを出すことも多いです。
依頼を受けた葬儀社や業者は、指定した期日に自宅に訪れ、整理を始めます。このとき、何を残して何を処分するのかはきちんと伝えておきましょう。何を処分するべきかわからない場合は、相談してみてもいいでしょう。事前に葬儀社に聞いておくとスムーズに進みます。
整理の結果、残しておくものについてはそのまま部屋に置かれます。これらは引き取り、自宅などで管理しておきましょう。処分するものに関しては、トラックに乗せて処分場まで運ばれます。このとき、処分するものの量や種類に応じて金額が変わります。料金体系については事前に確認しておきましょう。プランによっては、トラック単位で料金が決まっていることもあります。
最後に料金を支払い、遺品整理の依頼は完了となります。